くらし情報『学資保険の平均的な契約金額の相場はいくら?保険料がおトクになる払い方も合わせてご紹介!』

2019年1月12日 15:14

学資保険の平均的な契約金額の相場はいくら?保険料がおトクになる払い方も合わせてご紹介!

目次

・学資保険の契約金額はいくらがベスト?平均相場は?
・学資保険の保険料を安くするには、積立期間を短くするのがとっても有効って、知ってた?
・2人目のお子さんの学資保険、いくらで契約するべき?兄弟は平等に?
・学資保険の金額に関するまとめ
学資保険の平均的な契約金額の相場はいくら?保険料がおトクになる払い方も合わせてご紹介!


お子さんの将来の学費に備える学資保険。無理なく積み立てるには、満期払戻金はいくらくらいに設定すればよいでしょうか。お得な支払い方法である“年払い”も紹介しましょう。また、気になる2人目、3人目の学資保険の契約金額はいくらで加入するべき?など、学資保険の“金額”にまつわるお話です。

学資保険って何?という方は、まず以下記事をご覧ください。

学資保険の契約金額はいくらがベスト?平均相場は?

「こどもの将来の学資にそなえるなら、学資保険よね!」と意気込んで契約しようとして、はて?と最初に悩むのが契約金額です。

学資保険の契約は、「受取学資金総額」を決めて、この金額を貯めるには保険料がいくら必要で、満期返戻金の受取は子供の18歳にして・・・と決まっていきます。

なにしろ初めてのお子さんの場合ですと、学資保険だって初めての契約。よそのご家庭がどんな契約をされているか参考にしたいですよね。

そこで、学資保険人気ナンバーワンのソニー生命の学資保険を参考にしてみました(ソニー生命ホームページ、2018年1月ネットエイジア調べ)。受取学資金総額の1位は、200万円、2位が300万円、3位が100万円です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.