くらし情報『FPが解説!生命保険を3種類に分類して初心者でもわかりやすくご紹介』

2019年1月14日 00:09

FPが解説!生命保険を3種類に分類して初心者でもわかりやすくご紹介

目次

・生命保険は「死亡保険・医療保険・貯蓄性の高い保険」の3種類に分類できます
・死亡保険
・医療保険
・貯蓄性の高い保険
・生命保険の種類に関するまとめ
FPが解説!生命保険を3種類に分類して初心者でもわかりやすくご紹介


生命保険と聞くとよくわからないというイメージを持たれている方が多く、実際生命保険セールス担当の話を聞くと「生命保険はやはり難しい」と実感された経験をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。ですが実際の生命保険は、基本をおさえると誰でも簡単に考えられるようになるんです。

今回は生命保険の種類を詳しくご紹介します。生命保険の基本をおさえて万一のときに必要な生命保険を準備しましょう。

生命保険は「死亡保険・医療保険・貯蓄性の高い保険」の3種類に分類できます

生命保険は、大きく分けて3種類あります。

  • 死亡保険:万一のことがあった場合に死亡保険金が支払われます
  • 医療保険:病気やケガで入院手術をした場合に、入院給付金や手術給付金などが支払われます
  • 貯蓄性の高い保険:満期時に払い込んだ保険料よりも多くの解約返戻金を受け取れます
  • また、これら3種類の生命保険には2つの「終身と定期」があります。

  • 保険期間が終身/定期
  • 保険料払込期間が終身/定期
  • 「保険期間が終身」では保障が一生続き、「保険期間が定期」では一定期間で保障がなくなります。「保険料払込期間が終身」では保険を契約している期間は保険料を支払い続け、「保険料払込期間が定期」

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.