くらし情報『生命保険(死亡保険金)の受取人は誰がなれる?発生する税金の種類や受取人の変更手続きもご紹介』

2019年2月1日 20:42

生命保険(死亡保険金)の受取人は誰がなれる?発生する税金の種類や受取人の変更手続きもご紹介

目次

・生命保険の死亡保険金、受取人は誰がなれるの?
・生命保険(死亡保険金)を受け取ったときに発生する税金は3種類
・生命保険(死亡保険金)受取人の変更手続き
・生命保険(死亡保険金)の受取人に関するまとめ
生命保険(死亡保険金)の受取人は誰がなれる?発生する税金の種類や受取人の変更手続きもご紹介


生命保険に加入する際には、受取人を指定する場合があります。主に死亡保険金の受取人を指定するのですが、この受取人は誰を指定できるのかご存じですか?

また、万一の場合に死亡保険金を受け取った時に、指定する受取人によっては税金を多く払う場合があります。ですから、生命保険契約時には保障内容だけでなく、死亡保険金の受取人を誰にするのかもよく考える必要があります。

今回は、生命保険の中でも重要な役割を持つ、死亡保険金の受取人に関する話をご紹介します。

生命保険の死亡保険金、受取人は誰がなれるの?

生命保険の死亡保険金、受取人は誰がなれるの?

生命保険の基本的な用語をチェック
まず、生命保険の基本的な用語「契約者」「被保険者」「受取人」の意味を確認しましょう。

  • 契約者:保険会社と契約し、保険料を支払う。
  • 被保険者:生命保険の対象となる人で、病気やけがなどをしたときに必要な給付を受けることができる。
  • 受取人:保険金の請求権があり、死亡保険金を受け取ることができる。
生命保険(死亡保険金)の受取人には大きく分けて3パターンあります

  • 被保険者の配偶者
  • 被保険者の親/子(一親等)
  • 被保険者の祖父母/兄弟/姉妹/孫(二親等)
  • 今の生活を維持し、残された家族の生活を守るという生命保険の性質上、主な受取人は被保険者の法律上血縁関係のある家族です。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.