くらし情報『株式投資の利回りは年率何%?資産運用は複利で考えて長期で増やすようにしよう』

2019年1月31日 21:24

株式投資の利回りは年率何%?資産運用は複利で考えて長期で増やすようにしよう

目次

・株式投資の利益は2種類
・運用は複利で考える
・株式投資の利回り:まとめ
株式投資の利回りは年率何%?資産運用は複利で考えて長期で増やすようにしよう


株式投資をする際、年間でどの程度の利益がでるのかというのは、最大の関心事です。その時に用いられるのが「利回り」です。自分が投資した金額に対して、年間どの程度の利益がでたのかを測る指標です。今回は、利回りの計算方法から、年間利回りの目標を何%にしたらいいのかを具体的に解説していきます。株式投資の参考にしていただければ幸いです。

株式投資の利益は2種類

株式投資の利益は2種類


バークシャー・ハサウエイ

利回りが100%を超える年もありますが、長期での平均利回りは20.9%となっています。年率で20%を超える利回りを目指すということは単年では可能ですが、長期では世界一の投資家に挑むぐらいの高い目標となります。

株式益回りでは7%程度
株式益回りは「株式益利回り」とも呼ばれ、1株当たり税引利益(1株当たり純利益)を株価で割ったものです。会社の利益と比較して株価の利回りがどの程度かを測る指標です。計算式は以下のようになります。

株式益回り=(1株当たり純利益) ÷ 株価 × 100

東証1部の予想株式益回りは7.51%となっています。会社の利益から考えた場合、株式のリターン(利回り)は7.5%程度と考えることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.