くらし情報『FPが解説!iDeCo(イデコ)のおすすめ商品を金融機関10社で徹底比較』

2019年2月12日 18:30

FPが解説!iDeCo(イデコ)のおすすめ商品を金融機関10社で徹底比較

目次

・iDeCo(イデコ)おすすめ商品を選ぶ際に知っておきたいこと
・おすすめ商品は金融機関ごとに異なる?見抜くポイントは?
・インデックス型投資信託が、より合理的
・iDeCo(イデコ)のおすすめ商品を資産クラス毎に選定
・iDeCo(イデコ)10社のおすすめ商品一覧はこちら
・iDeCo(イデコ)おすすめ商品まとめ
FPが解説!iDeCo(イデコ)のおすすめ商品を金融機関10社で徹底比較


iDeCo(イデコ)おすすめ商品を選ぶ際に知っておきたいこと

iDeCo(イデコ)おすすめ商品を選ぶ際に知っておきたいこと


本記事では、iDeCo(イデコ)を取り扱う10社の金融機関でのおすすめ商品を考察してみたいと思います。本記事でのおすすめ商品とは、理論上、長期分散投資をする際に「合理的である」と考えられる投資信託を指しています。

投資信託とは:数十から数千などの多くの株式や債券などを入れることのできる金融商品の呼び名。分散投資に適している。基本的にどれを買っても、値下がりをする可能性は残る。毎年良い成績を残し続ける投資信託はない。投資信託の成績は良くなったり悪くなったりを繰り返すのが当たり前。

※本記事は特定の金融機関の銘柄に触れていますが、それらを勧誘・斡旋する意図はありません。理論を通じて合理的な投資に対する金融リテラシーを高めることが本旨です。また、名称や数値は、執筆時点のものです。

おすすめ商品は金融機関ごとに異なる?見抜くポイントは?

おすすめ商品は金融機関ごとに異なる?見抜くポイントは?


本記事で比較する金融機関名は、「楽天証券・SBI証券・松井証券・マネックス証券・ろうきん・イオン銀行・みずほ銀行・りそな銀行・野村證券・十八銀行」の10種類です。このように種類が多いですと、投資の初心者の方からすると「どこが一番よいおすすめ商品を取り扱っている金融機関なのだろうか?知りたい!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.