くらし情報『生命保険でできる資金の積立をご紹介。銀行に預けるよりもメリットがある?』

2019年2月6日 15:00

生命保険でできる資金の積立をご紹介。銀行に預けるよりもメリットがある?

目次

・積立型生命保険とは
・積立型の生命保険の種類は?
・積立型の生命保険と掛け捨て型の生命保険のメリット/デメリットをチェック
・生命保険の積立と銀行預金はどう違うの?
・積立型生命保険のメリットと注意点
・生命保険の積立に関するまとめ
生命保険でできる資金の積立をご紹介。銀行に預けるよりもメリットがある?


いつまでにいくらの資金が必要かわかっている場合は、それに向けて資金をためる必要があります。代表的な資金は、学資・住宅資金・老後の資金です。これらの資金をためる方法はいくつかありますが、将来必要になる資金は貯蓄や定期預金、生命保険などで用意することが多くあります。今回は生命保険の積立と、積立型生命保険と銀行預金の比較をご紹介します。

積立型生命保険とは

積立型生命保険とは


積立型生命保険とは、保険料としてお金を支払い資金をためつつ、契約期間中に保障がついている死亡保険のことです。積立型生命保険の代表的な商品には学資保険があります。学資保険は銀行に預けるよりも利率がいい場合があり、かつ、保険期間中は死亡保険がついているので、万一の場合は学資金が満額支払われます。このように、資金の積立を生命保険で行うと銀行に預けるよりもメリットがある場合があります。

積立型の生命保険の種類は?

積立型の生命保険の種類は?


ここでは積立型の生命保険の種類をご紹介します。資金の積立は目的と用途によっては銀行へ貯蓄するよりも生命保険で積立を行ったほうがいい場合があるので、ご自身がどういう目的で積立をされるのか考えながら読み進めてください。

積立型の生命保険には4種類あります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.