くらし情報『老後の生活費はどれくらい必要?ゆとりある老後を送るために今からできることとは』

2019年2月4日 23:12

老後の生活費はどれくらい必要?ゆとりある老後を送るために今からできることとは

目次

・老後の生活費は毎月どれくらい必要?
・老後に備え、20代から各年代でどれくらい貯めていけばいい?
・老後資金を貯める方法は7種類
・老後の生活費まとめ
老後の生活費はどれくらい必要?ゆとりある老後を送るために今からできることとは


人生100年時代ともいわれ、老後がますます長くなる一方、少子高齢化などの影響により、老後の生活を支える公的年金の支給額は今後減少すると予想されています。退職金と年金で悠々自適に暮らせる時代はすでに終わりを迎えており、老後に生活費が足りず家計が破綻する「老後破綻」は、決して他人事ではなくなっています。

老後破綻に陥ることなく、ゆとりある老後を送るにはどうすればよいのか。この記事では、老後にいくら生活費が必要なのか、老後に備えて今から何ができるのかについて解説していきます。

老後の生活費は毎月どれくらい必要?

老後の生活費は毎月どれくらい必要?


「平成29年(2017年) 家計調査結果」(総務省統計局)

持ち家率は94.2%
世帯主が65歳以上・二人以上の世帯においては持ち家率が94.2%と高いため、統計上は住宅費が少なくなっていますが、賃貸に住み続けるという選択をする場合には、家賃分だけ生活費を多く見積っておくべきといえます。

公的年金だけでは毎月5万円以上の赤字
同調査による無職世帯の毎月の平均収入は209,198円(うち公的年金等の社会保障給付が191,880円)であり、直接税や社会保険料を差し引いた後に残る、自由に使えるお金(可処分所得)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.