くらし情報『iDeCo(イデコ)を専業主婦がすることで得られるメリット2つ』

2019年2月22日 20:00

iDeCo(イデコ)を専業主婦がすることで得られるメリット2つ

目次

・専業主婦とiDeCo (イデコ)の所得控除の効果
・専業主婦は所得控除がないから、する意味がない。は大間違い?
・専業主婦がiDeCo (イデコ)をしても節税にならないのは間違い!その他のメリットの考え方
・まとめ
iDeCo(イデコ)を専業主婦がすることで得られるメリット2つ


iDeCo (イデコ)は「もう一つの年金」とも呼ばれます。ただ、専業主婦の方からすると「所得控除がないからiDeCo (イデコ)に加入しても意味がないでしょ?」と思われているかもしれません。本記事では、専業主婦の方がiDeCo (イデコ)に取り組むことのメリットについて考察します。

※本記事での専業主婦(主夫)とは、課税される所得がない専業主婦(主夫)を指しています。以下、専業主婦で統一します。

専業主婦とiDeCo (イデコ)の所得控除の効果

専業主婦とiDeCo (イデコ)の所得控除の効果


iDeCo (イデコ)のメリットの一つは、掛け金が全額所得控除になるという点です。

そのため、掛け金と所得が多い人によっては、生涯で900万円以上もお得(節税)になるという、大変に有利な制度です。ただ、本記事の定義する専業主婦は課税所得がない方です。そのため、iDeCo (イデコ)のメリットの一つ、掛け金が全額所得控除(※1)になる、がまったく効きません。そもそも所得にかかる税金がないのですから、こればかりは仕方がありません。

(※1)掛金が全額所得控除:大変に乱暴に言うと、掛け金に応じて税金が返ってくるということ。本来減るお金が返ってくるのだから、当然良いこと


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.