くらし情報『iDeCo(イデコ)の人気商品、ひふみ年金を徹底解説!』

2019年2月11日 14:00

iDeCo(イデコ)の人気商品、ひふみ年金を徹底解説!

目次

・iDeCo (イデコ)をするなら、ひふみ年金に入るべき?運用成績が良い?
・SBI証券・マネックス証券・イオン銀行・野村證券などの大手でも取り扱っているiDeCo(イデコ)の金融商品「ひふみ年金」ってどんなもの?
・iDeCo (イデコ)ひふみ年金のようなアクティブ型投資信託とはどんなもの?
・iDeCo(イデコ)ひふみ年金の中身の割合は?
・結局、iDeCo (イデコ)で「ひふみ年金」を買うべき?不況時はどう考えたらいいの?
・iDeCo(イデコ)をするなら、ひふみ年金を選ぶべき?
・iDeCo(イデコ)ひふみ年金まとめ
iDeCo(イデコ)の人気商品、ひふみ年金を徹底解説!


iDeCo (イデコ)をするなら、ひふみ年金に入るべき?運用成績が良い?

iDeCo (イデコ)をするなら、ひふみ年金に入るべき?運用成績が良い?


本記事では、iDeCo (イデコ)のラインナップの一つ、「ひふみ年金」というアクティブ型投資信託(後述)について考察します。

iDeCo (イデコ)では、窓口となる金融機関ごとに取扱商品が異なります。そのため、A証券では「ひふみ年金」を扱っているけど、B証券では扱っていない、ということがあります。

また、最近では株式市場が急上昇、急下降した場合に、ネット上で「ひふみ年金を選んでて良かった・ダメだった」「さっさと売っておいて良かった・今こそ買うべきだ」などという正反対の意見も飛び交います。このような場合、どのように考えるべきなのでしょうか?考察していきたいと思います。

※本記事は特定の銘柄に触れていますが、勧誘・斡旋・推奨をする意図はありません。

SBI証券・マネックス証券・イオン銀行・野村證券などの大手でも取り扱っているiDeCo(イデコ)の金融商品「ひふみ年金」ってどんなもの?

SBI証券・マネックス証券・イオン銀行・野村證券などの大手でも取り扱っているiDeCo(イデコ)の金融商品「ひふみ年金」ってどんなもの?


まず、ひふみ年金とはどのようなものなのでしょうか。ひふみ年金を運用するレオスキャピタルワークスのHPによると、次のようになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.