くらし情報『死亡保険金はどれくらい税金がかかる?計算方法や受取人についてご紹介』

2019年2月9日 12:09

死亡保険金はどれくらい税金がかかる?計算方法や受取人についてご紹介

目次

・死亡保険金とは
・課税対象なの?
・どれくらいかかる?税金の計算
・受取人について
・死亡保険金の税金に関するまとめ
死亡保険金はどれくらい税金がかかる?計算方法や受取人についてご紹介


生命保険に加入されていた方が亡くなられると、死亡保険金が保険会社から支払われます。この受け取った死亡保険金に対してどのような税金が、どれぐらいかかるのでしょうか?それぞれの税金に応じた計算方法や受取人の設定による違いについてわかりやすく説明していきたいと思います。

死亡保険金とは

死亡保険金とは


まず死亡保険金とはどのようなものかについて確認していきましょう。

死亡保険金とは、加入していた生命保険において、保険をかけられていた人が死亡した時に支払われる金額のことです。具体的には、定期保険、終身保険、養老保険といった生命保険で死亡保険金が支払われます。

生命保険の契約形態によって税金が変わる
生命保険の契約形態は、契約者・被保険者・受取人の3つ
死亡保険金にどのような税金がかかるのかは、その生命保険の契約形態によって変わってきますので、整理しておきます。

生命保険は、契約者、被保険者、受取人の3人の関係で構成されます。この3人がそれぞれ誰なのかというのが契約形態ということです。

そしてこの3人の関係ですが、生命保険は取り扱われる金額が高額になることから、犯罪を防ぐ目的で家族以外の他人同士が同じ契約に入ることはできません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.