くらし情報『生命保険の必要性は?最低限入っておくべき保険はこれ』

2019年2月21日 20:00

生命保険の必要性は?最低限入っておくべき保険はこれ

早めに保険の見直しをされてください。

なんとなく加入して保障内容がわからない保険
なんとなく加入して保障内容がわからない保険も不要な保険です。ニーズに合っていない保険と同様に、保障内容がわからない保険は今必要としている保障をカバーできていない場合があるので、保険の見直しが必要です。

最低限入っておくべき生命保険

最低限入っておくべき生命保険


ここまで生命保険の必要性を考えてきましたが、最低限入っておくべき生命保険は、定期死亡保険(収入保障保険)と終身医療保険です。ご自身の経済状況などで変わってきますが、生命保険を選ぶ際の基準は3つあります。

  • 必要な保障を
  • 必要な期間
  • 必要最低限の保険料で用意する
これら3つの基準で生命保険を選ぶと最低限入っておくべき生命保険は定期死亡保険と終身医療保険です。それらの最低限の定期保険と終身医療保険をベースに、足りない部分は掛け捨ての定期保険で補う形が効率のいい生命保険のかけ方です。

定期死亡保険
死亡保険で最も重要なのは、万一の時の資金を用意できるかどうかです。万一の資金が用意できるなら保険料は安いほうが良いのが加入者の心理です。現在販売されている死亡保険で保険料が安いものは定期死亡保険で、その中でもさらに保険料が安いのが収入保障保険です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.