くらし情報『自動車保険の契約は年齢条件を設定するのが必須!保険料を減らすための方法も合わせて紹介します』

2019年2月28日 14:48

自動車保険の契約は年齢条件を設定するのが必須!保険料を減らすための方法も合わせて紹介します

目次

・自動車保険の年齢条件とは
・年齢条件を付けることで自動車保険料はどのくらい変わるのか
・年齢条件の変更方法は?途中で年齢条件を変更できる?
・年齢条件の決め方のポイントとは
・自動車保険料を割引くコツは契約の仕方にある
・自動車保険の年齢条件まとめ
自動車保険の契約は年齢条件を設定するのが必須!保険料を減らすための方法も合わせて紹介します


自動車保険は、保険会社を問わず、補償範囲を限定するほど保険料は安くなる特徴があります。

たとえば、自動車保険の補償対象となる自動車を運転するドライバーの年齢に条件を付け、その年齢の範囲でなければ補償がされないようにするだけでも、負担する保険料は大きく変わります。

本記事では、自動車保険と年齢条件に焦点をあて、自動車保険料を減らす方法から年齢条件による効果まで幅広く紹介していきます。

自動車保険の年齢条件とは

自動車保険の年齢条件とは


自動車保険の年齢条件とは、年齢を問わず補償、21歳以上補償、などのように、自動車保険の補償対象となる自動車を運転するドライバーの年齢によって補償の有無を限定することを言います。

自動車保険の年齢条件は、保険会社によって異なり、30歳以上補償、35歳以上補償などのほか、1歳刻みで補償年齢を限定できる場合もあります。

通常、年齢が若いほど事故を起こすリスクが高いとされているため、補償範囲が広い程、保険料は高くなります。

年齢条件の補償区分にはどのようなものがあるか
自動車保険の年齢条件には、おもに以下のような補償区分があります。

  • 年齢を問わず補償
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償
  • 60歳以上70歳未満
  • 70歳以上
くどいようですが、自動車保険の年齢条件は、保険会社によって設定できる補償区分が異なるほか、60歳以上70歳未満や70歳以上の人の場合は、保険料が高くなる特徴もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.