くらし情報『投資信託の分配金の仕組みを解説。受取と再投資、どちらを選ぶのが得?』

2019年3月10日 20:56

投資信託の分配金の仕組みを解説。受取と再投資、どちらを選ぶのが得?

目次

・投資信託(ファンド)の分配金とは?2種類の分配金について、基本をわかりやすく解説します
・投資信託の分配金の受け取り方法2種類(受け取りコース・再投資コース)メリット・デメリットを解説&比較
・結局、投資信託の分配金は「受取と再投資」どちらを選ぶのが得?
・投資信託の分配金の仕組み:まとめ
投資信託の分配金の仕組みを解説。受取と再投資、どちらを選ぶのが得?


本記事では、「投資信託の分配金とは?」「分配金の種類(普通分配金・特別分配金)」「分配金の受け取り方法(受け取りコース・再投資コース)のメリット・デメリット」そして「受取と再投資、どちらを選ぶのが得?」という点について、わかりやすく解説していきます。

先に結論を記します。

  • 現役時代の資産形成期には再投資が重要と考えられる
  • 毎月分配型は理論上は資産形成において不利と考えられる
一体、どういうことでしょうか。なんだか、意外な気もします。その理由をわかりやすく解説します。

投資信託(ファンド)の分配金とは?2種類の分配金について、基本をわかりやすく解説します

投資信託(ファンド)の分配金とは?2種類の分配金について、基本をわかりやすく解説します


投資信託(ファンド)とは様々な金融商品を入れることができる、入れ物のようなものです。

私たちは投資信託を通して、誰でも簡単に少額から分散投資をすることができます。

そして、投資信託の中身の金融商品によっては、分配金と呼ばれるお金が受け取れることがあります。

投資信託によっては、分配金と呼ばれるお金が受け取れるものがある

投資信託(ファンド)の分配金の種類は、普通分配金と特別分配金の2種類。見方をわかりやすく解説
この、投資信託(ファンド)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.