くらし情報『賃貸物件の火災保険の選び方は?補償内容や値段などをFPが徹底解説!』

2019年3月27日 23:00

賃貸物件の火災保険の選び方は?補償内容や値段などをFPが徹底解説!

目次

・賃貸物件で必要な補償内容の範囲
・賃貸物件の火災保険の選び方は
・賃貸物件の火災保険の選び方まとめ
賃貸物件の火災保険の選び方は?補償内容や値段などをFPが徹底解説!


ワンルームマンションやアパートなどの賃貸物件の火災保険はどのような内容で加入すればいいのでしょうか?物件を紹介してくれた不動産業者さんから勧められる火災保険に加入しなければならないのでしょうか?

今回は、賃貸物件の火災保険の選び方について、その補償内容や保険料の相場などについてわかりやすく説明していきたいと思います。

賃貸物件で必要な補償内容の範囲

賃貸物件で必要な補償内容の範囲


賃貸物件で火災保険に加入するとしたら、どのような補償内容で加入すればよいかについて説明をしていきたいと思います。その説明に入る前に、そもそも賃貸物件で部屋を借りているだけなのに火災保険に加入する必要があるのかどうかについて確認をしておきましょう。

賃貸物件に火災保険は不要?
賃貸物件の火災保険とは、賃貸人(ちんたいにん、貸し手、大家さん)から部屋を借りている賃借人(ちんしゃくにん、借り手)が加入する火災保険のことです。

賃貸人である大家さんは、ほぼすべての人が賃貸物件の所有者としての火災保険に加入をしています。大家さんが火災保険に加入しているのに、借り手である賃借人が火災保険に入る必要があるのか、と疑問に思われるのも当然ですが、実は結論から言うと賃借人も火災保険に加入する必要性はあるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.