くらし情報『自動車保険で別途加入することができる自転車特約は本当に不要なのか?』

2019年4月8日 21:25

自動車保険で別途加入することができる自転車特約は本当に不要なのか?

目次

・自動車保険で自転車事故が補償されるために必要なこと
・自動車保険の自転車特約とは?
・自動車保険の自転車特約は、付帯する必要はあるのか?
・自動車保険の自転車特約をおもな保険会社別に比較
・自転車特約まとめ
自動車保険で別途加入することができる自転車特約は本当に不要なのか?


自動車保険は、契約加入することによって補償される基本補償と補償の質を高めるための特約の2種類の補償から成り立っています。

実のところ、保険会社によっては、販売している特約の中に、自転車事故にかかる特約を取り扱っているところもあり、自動車事故と自転車事故の両方から補償を受けられる場合もあります。

本記事では、自動車保険で別途加入することができる自転車特約と必要性はどうなのかについて解説を進めていきます。

自動車保険で自転車事故が補償されるために必要なこと

自動車保険で自転車事故が補償されるためには、人身傷害保険に加入していること、個人賠償責任保険(特約)に加入している必要があります。

ただし、いずれにつきましても大きな注意点があるため、具体的にどのような場合に補償されるのか、以下、ポイントの解説をしていきます。

自動車保険で自転車事故が補償されるために必要なこと


http://faq.sjnk.jp/

自動車保険で自転車事故が補償される場合と補償されない場合があることが確認でき、自分の身体に対する補償と相手方に対する補償は、それぞれ別の補償に加入していなければならないことも確認できます。

人身傷害保険の契約は、車内外補償される必要がある
自動車保険で自転車事故が補償されるためには、自動車保険に加入する際の基本補償になっている人身傷害保険について、補償範囲が車内外補償になっていることが必須です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.