くらし情報『20代で生命保険に加入する際の選び方をFPがご紹介!』

2019年4月11日 20:17

20代で生命保険に加入する際の選び方をFPがご紹介!

目次

・20代が生命保険に加入する必要性は?
・生命保険の基本形
・20代におすすめする生命保険の選び方のポイントと保障内容
・迷った際は保険のプロに相談を
・20代で保険に加入する際の選び方まとめ
20代で生命保険に加入する際の選び方をFPがご紹介!


生命保険が必要なのは、結婚してから?子どもができてから?疑問に思われている方は多いですが、生命保険が必要なのは現在万一の資金を用意できない人です。今回は生命保険の加入を自分で初めて考える20代に焦点を当てて保険の選び方を紹介します。

20代が生命保険に加入する必要性は?

20代が生命保険に加入する必要性は?


20代では生命保険に加入する必要はないと考えられがちですが、20代だからこそ生命保険に加入しておく必要があります。生命保険は年齢が若い時に加入したほうが保険料が安く、万一の時に備えやすいからです。

生命保険の加入率
生命保険の加入率は88.7%(平成30年度)です。世帯主年齢別にみた生命保険の世帯加入率では20代は72.2%となっていますが、30代~50代までは80%を超えており、その後加入率は下降します。

20代で加入率が低いのはまだ生命保険の必要性がないと考える方が多く、60代から加入率が低下するのは退職したので生命保険の必要性がなくなったと判断する方が多いためです。

20代で生命保険に加入する際の選び方をFPがご紹介!


20代で生命保険に加入するメリット
20代で生命保険に加入するメリットは3つあります。

  • 安い保険料で加入できる
  • 健康な時に申し込みするので加入の制限がない
  • 万一の場合の計画が立てやすい
生命保険は加入時の年齢が若いほど保険料が安い性質があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.