くらし情報『相続放棄する際の手続きや注意点をイチからご紹介』

2019年4月12日 20:17

相続放棄する際の手続きや注意点をイチからご紹介

目次

・相続放棄とは?相続する権利は放棄できることを知っておこう
・相続放棄はどこでする?やり方は?手続き方法と流れを押さえておこう
・相続放棄する場合の注意点
・まとめ
相続放棄する際の手続きや注意点をイチからご紹介


親や親戚が亡くなったときに頭を悩ませがちなのが相続。相続では財産だけでなく、借金も引き継いでしまいます。相続したくないなら、相続放棄ができますので、手続きをとるようにしましょう。本記事では、相続放棄の手続き方法や注意点についてご説明します。

相続放棄とは?相続する権利は放棄できることを知っておこう

相続放棄とは?相続する権利は放棄できることを知っておこう


相続人になっていても、相続しなくてすむようにしたいなら、相続放棄が必要です。相続放棄にはどういう意味があるのかを知っておきましょう。

相続人になっていても相続放棄ができる
人が亡くなったときには、民法上の相続人(法定相続人)が財産を相続します。けれど、相続人であれば必ず相続しなければならないわけではなく、相続する権利自体を放棄できる、相続放棄という制度があります。

相続放棄をすれば、その相続に関しては、初めから相続人でなかったものとみなされます。たとえば、親が亡くなれば子供は通常相続人となりますが、相続放棄をすれば親の相続とは無関係になります。

負の遺産があれば相続放棄することにメリットがある
相続放棄をした方がいいのは、被相続人が借金を残している場合になります。相続では、不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金(負債)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.