くらし情報『専業主婦になりたい場合、男性の年収はどれくらい必要?FPが徹底解説!』

2019年4月16日 19:30

専業主婦になりたい場合、男性の年収はどれくらい必要?FPが徹底解説!

のようです。年収に換算すると、おおよそ1500万円でしょうか。

つまり年収1500万円を超える人なら、普通程度に散財しても自然とお金が残って貯金できてしまう……つまりは専業主婦を養える余力がある訳です。実際に余力があるかどうか、それを奥さんに使うか否かは個人差がありますが、ひとまず経済的な力はあるといえます。

逆にいえば、年収1500万円以下の男性が相手なら、専業主婦になると破産の可能性が高いといえる訳です。少なくとも、破産への警戒心だけは忘れないようにしておきましょう。

約2%の狭き門。見合う市場価値は?
国税庁の平成29年「民間給与実態統計調査」によると、年収1500万円を超える男性は、全体の1.8%という結果です(ちなみに女性は0.2%)。当然のように、このクラスの男性はモテる「狭き門」といえるでしょうね。そしてどんな人でも、より良い異性との結婚を望みます。

専業主婦の夢を叶えられるのは、上位2%の市場価値がある女性に限るのが現代かもしれません。少なくとも数字だけで言えば、「なれたらラッキー」程度に考えた方が無難ではないでしょうか。

専業主婦になって欲しい男性は避けよう!

専業主婦になって欲しい男性は避けよう!


最後に一点、大切な専業主婦のポイントをお伝えします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.