くらし情報『頭金なしでマンションを購入しても大丈夫?そのリスクとは?』

2019年5月23日 20:00

頭金なしでマンションを購入しても大丈夫?そのリスクとは?

頭金なしでマンションを購入しても大丈夫?そのリスクとは?

*新機構団信付き、取扱金融機関により金利は異なる(ここでは最も多い金利を記載)

たとえば物件価格3000万円のマンションをフラット35(借入期間30年)を利用して購入する場合、頭金なしでは、頭金を物件価格の1割(300万円)準備して購入する場合に比べ、金利負担が約289万円増えます。

頭金なしでマンションを購入しても大丈夫?そのリスクとは?


*試算条件:借入期間30年/全期間固定金利/元利金等返済・ボーナス返済・繰上返済なし

マンションを売ってもローンを返しきれない
ローンが返済できなくなった、転勤などで住み続けられなくなったといった事情でマンションを売却しなければならないこともあります。頭金なしでローンを組むと、ローン残高がマンションの評価額(売却額)を上回り、マンションを売ってもローンを返しきれないリスクがあります。

ローンで購入したマンションはローンの担保となっていることが多く、マンションを売却するには、貸し手(銀行)の承諾が必要となります。この承諾を得るには通常ローンを一括返済しなければならず、売却額で返しきれない部分は現金で支払う必要があります。

不足額を現金で支払えなければ銀行から承諾をもらえず、マンションを売却できません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.