くらし情報『ウェルスナビとTHEO(テオ)を徹底比較!金融のプロがおすすめするのはどちら?』

2019年5月4日 12:20

ウェルスナビとTHEO(テオ)を徹底比較!金融のプロがおすすめするのはどちら?

目次

・ウェルスナビとTHEO(テオ)の比較表
・ウェルスナビの特徴
・ウェルスナビとテオの比較まとめ
ウェルスナビとTHEO(テオ)を徹底比較!金融のプロがおすすめするのはどちら?


ウェルスナビとTHEO(テオ)は、国内の数あるロボアドバイザーの中でも2強といわれています。いくつかの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが最適な投資対象を決めてくれて、自動で資産運用してくれます。

ただ、サービス内容が似ているので、「どちらのロボアドバイザーにすればいいのだろう?」と迷う人も多いと思います。そこで、今回はウェルスナビとテオの違いを詳しく解説します。

ウェルスナビとTHEO(テオ)の比較表

まずは、ウェルスナビとテオの違いをみてみましょう。以下の表をご覧ください。
ウェルスナビとTHEO(テオ)を徹底比較!金融のプロがおすすめするのはどちら?

(※1)運用手数料は、2社とも3,000万円を超える部分は0.5%。テオの運用報酬料最小0.65%の詳細については、後ほどご説明いたします。

それでは、ウェルスナビとテオの特徴を見ていきましょう。

ウェルスナビの特徴

ウェルスナビの特徴


ウェルスナビ

ウェルスナビは2016年7月にサービスを開始。現在の預かり資産は1,400億円、運用者数は12万人を超え、ロボアドバイザーで1番人気のあるサービスです。最初にいくつかの質問に答えるだけで、最適なポートフォリオ(資産の組み合わせ)から、商品の買付、リバランス(資産の入替)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.