くらし情報『自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービス(特約)は、本当に必要?優良ドライバー目線で考える』

2019年5月15日 19:09

自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービス(特約)は、本当に必要?優良ドライバー目線で考える

目次

・自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービスとは
・自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービスの注意点
・保険会社間のドライブレコーダーサービスを比較
・自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービス(特約)は、本当に必要なのか?
・自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービスまとめ
自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービス(特約)は、本当に必要?優良ドライバー目線で考える


昨今、大手損害保険会社では、ドライブレコーダーを利用したサービスを展開しており、これによって安心をサポートする動きがみられるようになりました。

しかしながら、実際のサービス内容を確認しますと、筆者も含め、はたして本当に必要なサービスなのか、疑問を持つ方も多くおられると思います。

そこで本記事では、ドライブレコーダーを利用したサービスは本当に必要なものなのか、優良ドライバー目線で考えてみます。

自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービスとは

自動車保険のドライブレコーダーを利用したサービスとは、一般に、ドライブレコーダーを利用したサービスを提供している保険会社が指定しているドライブレコーダーを保険契約している自動車へ設置することによって、高度な事故対応をはじめ、事故防止支援や安全運転診断といったサービスを提供するものになります。

高度な事故対応
高度な事故対応とは、ドライブレコーダーが自動車から強い衝撃を検知した場合、自動的に事故連絡と事故映像を同時に保険会社(事故受付センター)へ連絡する仕組みになっています。

これによって、ドライブレコーダーを通じて早急な事故対応が可能となっており、事故状況に応じて、消防などに連絡してもらえる流れも確立されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.