くらし情報『レンタカーを運転する場合と自動車保険の必要性をまとめて紹介』

2019年5月27日 20:00

レンタカーを運転する場合と自動車保険の必要性をまとめて紹介

目次

・レンタカーでの自動車事故における取り扱い
・レンタカーの自動車保険におけるロードサービスについて
・レンタカーは、1日自動車保険の補償対象外である点に注意
・レンタカーと自動車保険の必要性に関するまとめ
レンタカーを運転する場合と自動車保険の必要性をまとめて紹介


https://manetasu.jp

レンタカーを運転する機会は、様々なシーンであると考えられますが、仮に、レンタカーを運転中に自動車事故を起こしてしまった場合、事故の補償がどのようになるのか気になる方も多いと思います。

仮に、このようなことが起こった場合、ご自身が自動車保険に加入している場合と加入していない場合で大きく取り扱いが異なりますが、本記事では、レンタカーを運転する場合と自動車保険の必要性について紹介していきます。

レンタカーでの自動車事故における取り扱い

レンタカーでの自動車事故における取り扱い


https://rent.toyota.co.jp/

相手方および搭乗者を問わず、最低限の身体の補償が確保されている
レンタカー料金に含まれる自動車保険の補償内容を見ますと、対人補償は、1名につき無制限、人身傷害補償は、1名につき3,000万円までとなっており、事故の相手方およびレンタカーの搭乗者を問わず、最低限の身体の補償が確保されています。

ただし、これらの補償は、以下にあげる自動車保険の補償が適用されない点にあてはまっていないことが、保険金の支払条件となる点に注意が必要です。

レンタカーの自動車保険の補償が適用されない場合
レンタカーの自動車保険の補償が適用されない場合は、以下の通りです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.