くらし情報『医療保険とはどんな制度?FPが徹底解説いたします』

2019年6月7日 19:30

医療保険とはどんな制度?FPが徹底解説いたします

目次

・公的医療保険制度とは
・公的医療保険制度の重要ポイント
・民間医療保険とは
・民間医療保険の加入検討は公的医療保険の保障制度を考慮することが重要
・医療保険の制度に関するまとめ
医療保険とはどんな制度?FPが徹底解説いたします


https://manetasu.jp

医療保険は、病気やけがなどで入院や手術をした場合などに保障が受けられ、大きく公的保険と民間保険の2つに分けられます。

公的保険は、主に健康保険や国民健康保険、後期高齢者医療保険などがあり、民間保険は、主に保険会社が販売している医療保険などが挙げられますが、加入している公的保険や民間保険によって保障の有無や厚みが全く異なります。

そこで本記事は、これらの医療保険や制度の違いについて紹介します。

公的医療保険制度とは

公的医療保険制度とは、相互扶助の精神に基づき、私たちが病気やけがに備えるためにあらかじめ保険料を出し合うことで、実際に医療機関などで医療を受けたときに、医療費の支払いに充てる仕組みになっています。

公的医療保険制度とは


https://www.kenporen.com/

実際には、現在の年齢や収入などによって負担するべき医療費が異なる場合があるものの、原則として、かかった医療費の1割から3割を支払えば済む仕組みになっています。

公的医療保険制度の重要ポイント

公的医療保険制度の重要ポイント


https://www.mhlw.go.jp/

仮に年収500万円の人が1ヶ月あたり100万円の医療費がかかった場合、上記図のウに該当することになり、計算式にあてはめて高額療養費を計算すると、自己負担限度額は以下のように計算されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.