くらし情報『離婚カウンセラーが解説!専業主婦が離婚したい際に知っておきたいポイントまとめ』

2019年6月9日 14:00

離婚カウンセラーが解説!専業主婦が離婚したい際に知っておきたいポイントまとめ

結婚と同時に仕事を辞めた人も、仕事を探して再就職する必要があります。

児童扶養手当はどれくらいもらえる?
離婚して母子家庭になった場合、条件を満たしていれば、児童扶養手当(母子手当)を受給できます。児童扶養手当の金額は一律ではなく、前年度の収入を基準に支給金額が決まります。

専業主婦だった人は前年度の収入がゼロですから、子供が1人の場合1か月あたり約4万2,000円、2人目がいれば約1万円加算、3人目以降がいれば1人につき約6,000円が加算されます。

しかし、働いて収入が増えると、次年度から手当の金額は減ることになります。

また、児童扶養手当支給の基準になる収入には、元夫からの養育費の8割も加算されます。養育費をたくさんもらっていると、児童扶養手当の金額は少なくなるということです。

児童扶養手当を受給するには?
児童扶養手当を受給するには、役所に毎年現況届を提出しなければなりません。また、5年以上継続して受給していると、自立に向けて努力していることや病気で働けないことを証明しなければ、支給額を減らされてしまいます。

働けるのに働かず、手当だけもらい続けるということはできないのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.