くらし情報『医療保険は必要?不要?医療保険の必要性をFPが解説いたします』

2019年6月16日 14:00

医療保険は必要?不要?医療保険の必要性をFPが解説いたします

目次

・民間医療保険の必要性を判断するための重要事項
・医療保険の必要性がないと考えられる人
・医療保険の必要性・不要の場合についてのまとめ
医療保険は必要?不要?医療保険の必要性をFPが解説いたします


https://manetasu.jp

医療保険には、公的医療保険と民間医療保険の2種類があり、保険会社が取り扱っている医療保険は民間医療保険にあてはまります。

民間医療保険は、病気やケガによる入院をはじめとする手術や通院をした場合など、保険契約をした内容によって保障の有無が異なることになりますが、民間医療保険の必要性は個々の置かれている立場によって変わります。

そこで本記事では、民間医療保険の必要性と考え方について紹介していきます。

民間医療保険の必要性を判断するための重要事項

site:manetasu.jp/


https://www.mhlw.go.jp/

たとえば、年収が400万円だとしますと、上記イメージ図のウに該当すると推測でき、仮に1ヶ月あたり100万円の医療費がかかった場合における自己負担限度額は、以下のように計算されます。

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

別途自費になる医療費があることも知っておこう
仮に年収400万円の人が、1ヶ月あたり100万円の医療費がかかった場合における自己負担限度額は、87,430円で済むことが分かりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.