くらし情報『医療保険は必要?不要?医療保険の必要性をFPが解説いたします』

2019年6月16日 14:00

医療保険は必要?不要?医療保険の必要性をFPが解説いたします

や建設国保などに加入している人が対象となるため、自営業者など、国民健康保険に加入している人は、民間医療保険に加入しておくのが望ましい考え方もあります。

医療保険の必要性があると考えられる人まとめ

  • 高額療養費制度を適用した後の自己負担金額が重荷になる人
  • 経済的な余裕や貯蓄がない人
  • 将来的に収入の増加や資産形成(貯蓄)が見込めない人
  • 傷病手当金が支給されない人

医療保険の必要性がないと考えられる人

医療保険の必要性がないと考えられる人
医療保険の必要性がないと考えられる人とは、医療費の自己負担分を支出した場合でも、お金に余裕がある人と考えることができます。

先の例から考えますと、1ヶ月あたり約17万円という大金を負担することになったとしても、家計にとって特段の影響を与えない人であれば、医療保険に加入する必要はなく、むしろ医療貯金をする方が得策になると考えられます。

医療貯金とは
医療貯金とは、本来ならば、医療保険に拠出する保険料を将来の医療費のために貯金することを言い、たとえば、1ヶ月あたりの民間医療保険料が5,000円の場合、毎月、5,000円ずつ積立貯金するといったイメージです。

医療貯金は、実際に始めてから早い段階で医療費の支出が必要になった場合は、お金が足りないデメリットが生じてしまうものの、長い年月が経っても医療費がかからない場合は、まとまったお金を貯められるメリットが生じます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.