くらし情報『【初心者向け】投資信託で大損しないために知っておくべき知識をFPがご紹介』

2019年6月22日 20:00

【初心者向け】投資信託で大損しないために知っておくべき知識をFPがご紹介

目次

・大損する投資信託の運用方法をお教えします
・「投資とは、お金を長期で働ける場所に放置する」ということ
・銀行などの手数料の高いところでの勧誘にご注意
・不安になったら、それは人間のクセ(誤作動)かもしれない
・投資信託で大損しない方法に関するまとめ
【初心者向け】投資信託で大損しないために知っておくべき知識をFPがご紹介


https://manetasu.jp

本記事は初心者の方が投資信託で大失敗をしないために知っておくべき知識を紹介します。

また、どのような投資信託を買っても、積立投資であっても、絶対に大損してしまう落とし穴の運用方法と回避策をお伝えします。

大損する投資信託の運用方法をお教えします

大損する投資信託の運用方法教えます。


投資で重要なことは長期×積立×分散投資です。分散投資には投資信託が適しています。

それは、極端に言えば一つの銘柄を購入すれば、世界中の株式へと分散投資をしたのと同様の効果が望めるものもあるからです。

ですが、どのように長期×積立×分散投資をしていても、大損をしてしまうことがあります。それはどのような場合に起こるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

積立投資をしていて、市場が暴落したらどうする?投資信託を損切りすべき?
長期×積立×分散投資をしていると、ほぼ確実に将来、市場の大暴落に遭遇すると考えられます。

しかし、結論を先に申しますと、慌てる必要はありません。それは景気が循環する、という性質を持っているからです。

景気循環:景気は永遠に好景気にならないし、永遠に不景気にもならない。日本の四季のように、好景気・不景気はグルグルと回るのが当たり前。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.