くらし情報『自己破産しても生活保護は受けられるのか?債務整理する際に知っておきたいポイントをご紹介』

2019年6月15日 20:00

自己破産しても生活保護は受けられるのか?債務整理する際に知っておきたいポイントをご紹介

目次

・自己破産と生活保護は関係ある?
・自己破産しても生活保護は受けられる
・自己破産した方が生活保護を受けやすい?
・債務整理と生活保護を同時に検討しているのであれば
・自己破産と生活保護の関係に関するまとめ
自己破産しても生活保護は受けられるのか?債務整理する際に知っておきたいポイントをご紹介


https://manetasu.jp

債務整理を検討している人の中には「最悪の場合生活保護を受給しなければならない」と検討している人も多いのではないでしょうか?

しかし、債務整理、特に自己破産をしたら生活保護を受けることができないと考えている人が多いようです。

自己破産をすると、就くことができない職業があるなど法的な資格が制限される「資格制限」があるので、資格制限の一環として生活保護も受けることができないと考えている人が多いようです。

自己破産と生活保護は実際にどのような関係なのでしょうか?自己破産をすると生活保護を受けることができるかどうか解説していきます。

自己破産と生活保護は関係ある?

自己破産と生活保護は関係ある?


自己破産をすると資格制限という法的な資格が制限されることがありますが、この資格制限と生活保護は無関係です。自己破産と生活保護がどのような制度なのか、まずは解説していきます。

【自己破産と生活保護のポイント①】自己破産は借金を免除する債務整理手続き
自己破産とは、借金を免除にする代わりに資産も没収されるという法的な債務整理手続きの1つです。

自分が持っている資産を債権者へ分配し、借金の返済に充てる代わりに借金もチャラになる手続きで、自己破産を行うと借金の返済義務から免れることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.