くらし情報『死亡保険にかかる税金を徹底解説!受取人の疑問に専門家がお答えします』

2019年7月1日 15:18

死亡保険にかかる税金を徹底解説!受取人の疑問に専門家がお答えします

目次

・生命保険にかかる税金を知るために必要な重要ポイント
・死亡保険金に所得税が課税される場合
・死亡保険にかかる税金に関するまとめ
死亡保険にかかる税金を徹底解説!受取人の疑問に専門家がお答えします


https://manetasu.jp

生命保険は、ご自身や家族の生活を保障するための大切な役割がありますが、契約する生命保険の種類や契約内容によって、受け取った保険金と税金が密接に関係することがあります。

特に、死亡などが起因として支払われる死亡保険金には注意が必要であり、保険契約前や将来の税金対策として、押さえておくべきことがあるのも確かです。

そこで本記事では、死亡保険金と税金を中心に押さえておくべきポイントを幅広く紹介していきます。

生命保険にかかる税金を知るために必要な重要ポイント

生命保険にかかる税金を知るために必要な重要ポイント


https://www.nta.go.jp/

課税部分が階段状に増加していく方法とは、上記図のように、死亡保険金の支給期間に応じて段階的に税金が課される課税部分が増加する計算方法のことを言います。

仮に、課税部分が階段状に増加していく方法によって計算した結果、所得が生じた場合、この所得は雑所得として所得税の課税対象となります。

節税対策を考慮しますと、死亡保険金の受取方法を一括と分割のどちらにするのが得策なのか、事前対策が大切だと言えます。

[adsense_middle]

死亡保険金に所得税が課税される場合

死亡保険金に所得税が課税される場合


https://www.nta.go.jp/

  • Bさん=1,500万円-1,000万円×1,500万円÷2,000万円=750万円
  • Cさん=500万円-1,000万円×500万円÷2,000万円=250万円
計算の結果、Bさんに課税される死亡保険金の課税対象は1,500万円の内750万円、Cさんに課税される死亡保険金の課税対象は500万円の内250万円ということになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.