くらし情報『ウェルスナビはやめたほうがいい?投資をする前に実績・仕組みをチェック!』

2019年7月4日 15:18

ウェルスナビはやめたほうがいい?投資をする前に実績・仕組みをチェック!

目次

・ウェルスナビはやめたほうがいい?
・株価が暴落してもロボアドバイザーの解約や引き出しをしない
・ウェルスナビの安心・安全度
・ウェルスナビをやめる原因と対処法に関するまとめ
ウェルスナビはやめたほうがいい?投資をする前に実績・仕組みをチェック!


https://manetasu.jp

ウェルスナビは、ロボアドバイザーの中で最も人気があるサービスです。運用者数は12万人、預かり資産は1,500億円を突破し、順調に利用者は増えています。

しかし、ブログなどのSNSでは「ウェルスナビをやめた」という意見も散見されます。なぜウェルスナビをやめる人がいるのか、そしてやめたくなった場合どうしたらいいかを解説します。

ウェルスナビはやめたほうがいい?

ウェルスナビはやめたほうがいい?


ウェルスナビ

ただし資産は一時的に大きく目減りしますが、長期・積立・分散を続けていれば、時間をかけてマイナスを取り戻し、むしろ資産を増やせるのです。

それは、どのような環境でも資産運用を続けることで、世界経済の成長と株価上昇の恩恵を受けられるからです。次のグラフは1992年から25年間、「長期・積立・分散」投資を行ったシミュレーションです。

ウェルスナビシュミレーション


ウェルスナビ

25年の運用の間に、ドットコムバブルやリーマンショック、チャイナ・ショックなど暴落を何度も経験しています。特に100年に一度と言われるリーマンショックの時は、資産を大幅に減らしました。

しかし、株式市場は持ち直し、時間をかけてマイナスを取り戻しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.