くらし情報『自己破産する条件とは?免責許可or不許可の基準を専門家が解説します』

2019年7月19日 17:19

自己破産する条件とは?免責許可or不許可の基準を専門家が解説します

目次

・自己破産は誰でも申請すれば100%できるわけではない!
・自己破産で免責されて借金がゼロになる要件とは?
・自己破産申請をしても免責不許可となる場合はどんな時?
・自己破産を失敗しないための方法
・自己破産の条件に関するまとめ
自己破産する条件とは?免責許可or不許可の基準を専門家が解説します


https://manetasu.jp

「返済できないくらいの借金を抱えたら自己破産すればいい」そう安易に考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、自己破産はそんなに簡単にできるものではありません。裁判所が認めてくれないと自己破産をすることはできないのです。

自己破産を裁判所が認めてくれることを免責許可、裁判所が認めてくれないことを免責不許可と言いますが、免責許可になるケースと、免責不許可になるケースとはどのような場合なのでしょうか?

自己破産が成功する条件について解説していきます。

自己破産は誰でも申請すれば100%できるわけではない!

自己破産は誰でも申請すれば100%できるわけではない!


冒頭で述べたように、自己破産は申請すれば100%できるわけではありません。

若い人の中には「困ったら自己破産すればいい」という意見が増えているようですが、誰でも自己破産ができるとは限らないのです。

自己破産は裁判所の許可が必要で、許可が降りない場合にはどんなに借金の返済に苦しんでいても自己破産ができないのです。

自己破産には裁判所の許可が必要
自己破産のおおよその流れは以下の通りです。

  • 自己破産申立書と必要書類を裁判所に提出
  • 裁判官と面談
  • 裁判所が破産手続開始決定
  • 免責許可
  • 破産手続き終了
  • 裁判所が破産手続開始決定をするためには、書類の提出と面接から、裁判所が「自己破産をする事由として妥当で、手続きにも不備がない」

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.