くらし情報『生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう』

2019年8月13日 12:14

生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう

目次

・生命保険料控除の計算をするための重要ポイント2つ
・生命保険料控除のシュミレーションは、控除証明書がすべて届いた後に行う
・年末調整で適用し忘れた生命保険料控除は確定申告で行える
・1年の途中で新規加入や見直しをする場合は、年払いが得策
・まとめ
生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう


生命保険料控除は、保険会社に対して支払った生命保険料がある場合、一定の計算式にあてはめて計算した金額を所得税や住民税といった税金を計算する上で控除することができるものを言います。

ざっくり言ってしまいますと、生命保険に加入している場合、税金を少なくすることができることになりますが、本記事は、この生命保険料控除の計算方法を中心に押さえておきたいポイントを紹介していきます。

生命保険料控除の計算をするための重要ポイント2つ

生命保険料控除の計算をするための重要ポイント2つ


https://www.daido-life.co.jp/

2.手元にある生命保険料控除証明書を新制度と旧制度に分ける
生命保険料控除の計算方法を解説!確定申告・年末調整前にシュミレーションしよう


https://www.nta.go.jp/

新制度で、一般用の合計金額は、120,000円でしたので、上記計算式にあてはめると、80,000円超に該当し、この結果、一般用の生命保険料控除は40,000円であると計算されます。

また、新制度で、介護医療用の合計金額は、60,000円でしたので、上記計算式にあてはめると、40,000円超80,000円以下に該当し、この結果、介護医療用の生命保険料控除は35,000円であると計算されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.