くらし情報『年金の平均受給額はいくら?《厚生・国民》年間の支給額をFPが解説!』

2019年8月14日 12:40

年金の平均受給額はいくら?《厚生・国民》年間の支給額をFPが解説!

目次

・国民年金の支給額は満額で80万円ほど!
・厚生年金の受給額は満額でも300万円ほど!
・将来の受給額は「納付額と年数」で決まる
・「繰り下げ受給」や「付加年金」を検討しよう
・年金保険やイデコ、不動産投資など方法は様々
・老後をどうするか、夫婦で話し合うことが肝心
・年金平均と生活水準を考え、差額への対策を考えよう
年金の平均受給額はいくら?《厚生・国民》年間の支給額をFPが解説!


こんにちは、婚活FP山本です。先般、国が老後資金として2000万円必要などと言いましたね。突然の発表に驚いた人も多いのですが、それほどまでに年金が少ないことを初めて知った方も多いようです。

そもそも年金とはいくらくらい貰えるものなのか、何か対策は無いのか……気になった人も多いでしょう。そこで今回は、国民年金と厚生年金の平均受給額や年金・老後対策について詳しくお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

国民年金の支給額は満額で80万円ほど!

国民年金の支給額は満額で80万円ほど!


まずは、国民年金についてお伝えします。結論からいえば、国民年金の支給額は「満額で80万円程度」です。具体的な金額は毎年のように変わり、最新の平成31年4月分からの年金額は78万100円となっています。一ヶ月あたりに直せば、およそ6万5000円ですね。

詳しくは後述しますが、年金額は「保険料の納付年数(月数)」で変わります。40年しっかり支払えば80万円程度になりますから、例えば半分の20年分しか保険料を支払っていなければ、貰える年金額も半分の40万円程度です。どちらにせよ、少額かもしれませんが……。

もっとも年金は、保険料の支払い期間は決まっているのに年金の受け取り期間は「終身払い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.