くらし情報『シングルマザーの貧困の原因とは?日本の母子家庭の問題と実態をFPが解説』

2019年9月11日 14:25

シングルマザーの貧困の原因とは?日本の母子家庭の問題と実態をFPが解説

目次

・日本のシングルマザーの貧困は社会問題化している
・シングルマザーの貧困の原因①子供がいる女性は正規雇用で働きにくい
・シングルマザーの貧困の原因②子供の父親から養育費を受け取っていない
・シングルマザーの貧困の原因③周りの人に助けを求めにくい
・シングルマザーになっても貧困に陥らないためには?
・貧困に陥ったシングルマザーがすべきことは?
・子供は貧困にしない!教育の重要性を意識しておこう
・シングルマザーの貧困問題に関するまとめ
シングルマザーの貧困の原因とは?日本の母子家庭の問題と実態をFPが解説


https://manetasu.jp

「離婚をしたいけれど、経済的に苦しくなってしまうのが心配…」という女性は多いのではないでしょうか?シングルマザーの貧困は、社会問題にもなっています。本記事では、シングルマザーがなぜ貧困になってしまうのか、その原因について分析し、母子家庭が抱える問題を解決する方法について考えてみたいと思います。

日本のシングルマザーの貧困は社会問題化している

日本のシングルマザーの貧困は社会問題化している


日本のシングルマザーの貧困は、思いのほか深刻です。母子家庭の貧困率がどれくらいなのかを知っておきましょう。

相対的貧困率からわかるシングルマザーの貧困
貧困世帯の割合を知る手がかりになるのが、「相対的貧困率」という指標です。

貧困には絶対的貧困と相対的貧困があります。大まかに言うと、絶対的貧困は人間として最低限の生活を維持するのが困難な状態、相対的貧困はその国の経済的・文化的水準を考えたときに困窮している状態になります。

日本の相対的貧困率を知れば、日本の標準的な生活水準に満たない世帯の割合を知ることができます。厚生労働省が行っている国民生活基礎調査(平成28年度)によると、日本全体の相対的貧困率は15.7%となっており、7人に1人が相対的貧困の状態です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.