くらし情報『育児手当とは?申請方法・支給額などママの疑問をFPがわかりやすく解説!』

2019年9月27日 14:00

育児手当とは?申請方法・支給額などママの疑問をFPがわかりやすく解説!

目次

・育児中に、国などから支給される給付金のリスト
・「育児休業給付金」は、働くパパ・ママの収入をカバー
・「児童手当」は、子供が産まれたら誰でも受け取れる
・「児童扶養手当」は、ひとり親家庭などが受給対象
・法律で決まっているより手厚い給付金も
・育児手当に関するまとめ
育児手当とは?申請方法・支給額などママの疑問をFPがわかりやすく解説!


https://manetasu.jp

出産や育児を控えた家庭では、収入が減る、出費が増えるといった不安要素が多くなります。今回は、育児に関する「給付金」、育児手当とも呼ばれるものを取り上げます。どんな給付金があるか?いつ、いくら貰えるのか?安心して育児をスタートするために、事前に確認しましょう。

育児中に、国などから支給される給付金のリスト

育児中に、国などから支給される給付金のリスト

育児手当とは?申請方法・支給額などママの疑問をFPがわかりやすく解説!

手当ごとに、金額や要件を詳しく解説します。

「育児休業給付金」は、働くパパ・ママの収入をカバー

「育児休業給付金」は、働くパパ・ママの収入をカバー


「育児休業給付金」は、育児をするために仕事を休んだ場合に、減った給与の一部を補償する給付金です。
育児手当とは?申請方法・支給額などママの疑問をFPがわかりやすく解説!

それぞれの条件を、具体例で考えてみます。

給付額は、6カ月間の給与を平均して67%
計算のもとになる給与は、休業を開始する前6カ月間の給与(保険料や税金を引く前の金額)を合計し、180で割って、1日あたりの賃金の平均を計算します。これが「休業開始時賃金日額」です。
育児手当とは?申請方法・支給額などママの疑問をFPがわかりやすく解説!

なお、事業主が、休業期間中も給与を支払っている場合は、育児休業給付金の一部が減額されます。本来の給与の80%以上を受け取っている場合は、給付金は受給できません。

実際の手取り額は、67%に減るわけではない(社会保険に加入の場合)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.