くらし情報『老後の生活費はどのくらい必要?今から備えたい定年後の資金についてFPが解説!』

2019年10月18日 14:00

老後の生活費はどのくらい必要?今から備えたい定年後の資金についてFPが解説!

目次

・老後の生活費、平均額は?
・項目ごとの支出目安、現役時代との変化は
・結局、老後資金っていくら必要?
・老後も楽しくお金と付き合うための3ステップ
・老後の収入減少に合わせて生活費を見直そう
老後の生活費はどのくらい必要?今から備えたい定年後の資金についてFPが解説!


https://manetasu.jp

長寿化が進み、退職後の人生が20年、30年と続くことが普通になりました。「老後破産」「老後貧乏」「長生きリスク」など、ネガティブな言葉も沢山登場しており、マネープランを立てずに老後を迎えることには、大きなリスクがあります。

お金と賢く付き合って、自由な時間を思いきり楽しむために。老後の生活費について確認しましょう。

老後の生活費、平均額は?

老後の生活費、平均額は?


総務省の行う調査「家計調査年報」では、学生のみ世帯を除き、全国の全ての世帯を対象に、何にお金を使っているか調べています。(以下、全て2018年の調査結果を参考)

退職後、生活費はどのくらい変わるでしょう。世帯主が高齢かつ働いていない家庭の、収支の平均額は次の通りです。

夫婦2人の場合
高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の、1カ月あたりの収支です。
老後の生活費はどのくらい必要?今から備えたい定年後の資金についてFPが解説!

その他の収入には、配偶者の給与・事業収入・仕送りなどが含まれます。
老後の生活費はどのくらい必要?今から備えたい定年後の資金についてFPが解説!

収入と支出の差を見ると、約42,000円の赤字です。赤字になった分は、預貯金など、手持ちの資産を取り崩しながら生活していくことになります。
老後の生活費はどのくらい必要?今から備えたい定年後の資金についてFPが解説!


単身世帯
高齢単身無職世帯(60歳以上・単身・無職の世帯)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.