くらし情報『副業・掛け持ちの年末調整はどうなる?基礎知識&注意点をFPが解説!』

2019年10月31日 20:00

副業・掛け持ちの年末調整はどうなる?基礎知識&注意点をFPが解説!

目次

・年末調整とは源泉徴収された所得税の精算
・会社バレを防ぐためにも税金は申告しよう
・副業・掛け持ちは年末調整ではなく確定申告を前提に!
副業・掛け持ちの年末調整はどうなる?基礎知識&注意点をFPが解説!


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。最近では副業をしている方も増えてきましたが、仕事を掛け持ちしている場合の年末調整はどうなるのか、不安な方も増えてきました。特に勤め先が副業禁止としているような場合は、尚更かもしれません。

失敗したら会社バレするかもしれませんし、やはり正しい知識を身に着けておくべきでしょうね。そこで今回は、副業している場合の年末調整について基礎知識や注意点をお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

年末調整とは源泉徴収された所得税の精算

年末調整とは源泉徴収された所得税の精算


https://www.nta.go.jp/

なお、住民税の税額は所得額に関わらず一律10%となっています。また住民税の納付書は6月頃に届きますから、少し支払いまでに時間差があるため、支払い用のお金を残しておきましょう。

給与所得の場合は役所で事前確認を!
副業が給与所得の場合は、住民税を「自分で納付」にしても会社バレすることがあります。これは、ハッキリ言って「役所の応対次第」です。このため、できれば給与所得の副業を始める前に役所に確認しておいたほうが無難と言えます。

あるいは、無難に雑所得に当たるような副業を選ぶのもアリです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.