くらし情報『年収3000万円の割合・手取り額とは?生活レベルをFPが徹底調査!』

2019年11月7日 14:00

年収3000万円の割合・手取り額とは?生活レベルをFPが徹底調査!

目次

・年収3000万円の割合
・年収3000万円の手取り額は?
・年収3000万円の税金
・住宅ローン控除は使えない?
・年収2000万円以上は確定申告が必要!
・年収3000万円の代表的な職業
・年収3000万円の仕事傾向
・年収3000万円世帯の住居費
・年収3000万円の生活水準
・年収3000万円の割合・手取り・生活レベルに関するまとめ
年収3000万円の割合・手取り額とは?生活レベルをFPが徹底調査!


https://manetasu.jp

今回のテーマは「年収3000万円」です。さて、皆様どのようなイメージをお持ちでしょうか?とにかく高収入で、タワーマンションの高層階に住み、日本の人口のほんの一部しか存在しない「お金持ち」というイメージを持たれる方が多いと思います。

では、その実際はどうなのでしょうか。早速、概算の手取り額や家族形態などから、実際の生活レベルについて検証していきます。

年収3000万円の割合

年収3000万円の割合


国税庁「民間給与実態統計調査」によると、年収3000万円の世帯は全給与所得者の内0.2%以下であることがわかります。

この調査は、年収を100万円~200万円で階級別に区分けし、その階級における人数と全体に対する割合を示していますが、残念ながら年収2500万円以上は人数も割合も少なすぎるため一括りにされています。

つまり「0.2%」は年収2500万円以上の全体の数値であり、内訳として年収3000万円がどの程度含まれているかまでの詳細な数値は不明です。

国税庁「民間給与実態統計調査」とは、自営業者や国家公務員などの公務員を除外し、給与所得者(サラリーマン)の給与を企業の規模や従業員数などで区分し、さらに年齢や勤続年数など細かなデータから調査しているものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.