くらし情報『年末調整がマイナスになる理由とは?会社では教えてくれない基礎知識をFPが解説』

2019年11月13日 20:00

年末調整がマイナスになる理由とは?会社では教えてくれない基礎知識をFPが解説

目次

・給与から所得税が差し引かれる理由
・所得税額に過不足金が生じる原因
・勘違いしやすい、年末調整で処理できない項目
・年末調整にマイナスが出る理由に関するまとめ
年末調整がマイナスになる理由とは?会社では教えてくれない基礎知識をFPが解説


https://manetasu.jp

毎年、年末調整と聞くと還付金がいくらなのかを楽しみにしている人が多いように、還付されることが当たり前のようなイメージがあるのではないでしょうか?

しかし年末調整とは、1年を通して勤務先で差し引いた所得税額を正しい税額に精算する手続きのため、還付額が発生するだけではなく、過不足額といって逆に税金を追加で徴収される場合もあります。

このため給料明細が還付金というプラスの項目でなく、過不足額というマイナスの金額で計算されても一概に間違いであるとは言い切れません。

それではどのような場合に過不足額が生じるのでしょうか?この記事では詳細について紹介していきます。

給与から所得税が差し引かれる理由

給与から所得税が差し引かれる理由


一般的に給与が毎月支給される場合は、それに伴って源泉の控除額が発生しています。それではそもそも給与から所得税が差し引かれるのはなぜでしょうか?

ここではその理由について解説していきます。

なぜ源泉の控除額が発生するのか
上記でも少し触れましたが、給与から所得税が控除されるのはなぜでしょうか?

考えられる理由として、一般的に国としては税金をなるべく先に徴収したいという考え方であると言われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.