くらし情報『【確定申告】会社員でも必要な場合があるって本当?損しないための基礎知識をFPが解説』

2019年11月19日 20:00

【確定申告】会社員でも必要な場合があるって本当?損しないための基礎知識をFPが解説

目次

・会社員でも確定申告が必要な条件とは?
・会社員でも確定申告したほうが税金上、得な場合は?
・個人的に副業しているなら確定申告が必須?
・確定申告とは、自分の収入や経費を申告する行為
・会社員が確定申告で使う書類は?
・税金上のペナルティには強めに注意しよう
・会社員でも確定申告できれば得に繋がる!
【確定申告】会社員でも必要な場合があるって本当?損しないための基礎知識をFPが解説


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。会社員なら、基本的に税金のことは年末調整で済みますから確定申告する必要はありませんね。でも、それはあくまで「基本的に」なので、いわば例外的に会社員でも確定申告が必要になる場合もあることをご存じでしょうか。

また会社員でも「確定申告したほうが得」なこともあるので、注意しましょう。今回は、会社員の確定申告について様々な角度でお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

会社員でも確定申告が必要な条件とは?

会社員でも確定申告が必要な条件とは?


まずは、会社員でも確定申告が必要になる条件についてお伝えします。いくつかあるのですが、代表的なものとしては以下の通りです。

  • 給料2000万円以上の人
  • 副業収入が給料、または年20万円を超える人
  • 災害を受けて、税金の優遇を受けたい人
あとは「何らかの投資をしている人」も、事情によっては確定申告が必要になります。簡単に言えば、災害を除けば「がんばっている人ほど」確定申告が必要な可能性が高いです。理不尽に感じる人もいるかもしれませんが、そういうルールですから、諦めて確定申告しましょう。

ちなみに、必要かどうか分からない場合は、自分で勝手な判断をするのではなく税務署や税理士に相談してみたほうが無難です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.