くらし情報『3倍返しにならないために。失業保険の不正受給になるケースをFPが解説』

2019年12月4日 14:00

3倍返しにならないために。失業保険の不正受給になるケースをFPが解説

目次

・失業保険とは
・基本手当給付の内容と流れ
・不正受給は詐欺
・意図しない不正受給を防ぐためには
・失業保険・不正受給に関するまとめ
3倍返しにならないために。失業保険の不正受給になるケースをFPが解説


https://manetasu.jp

失業保険とは、簡単にいうと「雇用保険に加入する働き方をしていた人が、離職した場合などに受給できる最低限の生活費」です。もちろん、基本的には受け取る権利のあるお金ですので、どなたでも平等にその権利はあります。

しかし、該当事由を満たしていない場合や、違反行為に抵触しながら気づいていない場合もあり、その際は不正受給とみなされ罰則やペナルティを課されることになります。今回はこの「不正受給」について解説していきます。

失業保険とは

失業保険とは


何らかの理由により(会社都合・自己都合)離職した場合に、受け取る権利の発生するお金のことを、一般的に「失業保険」や「失業手当」と呼びます。

正式には、失業保険ではなく「雇用保険」と言い、失業手当ではなく「基本手当」という名称です。ここからは、雇用保険と基本手当について概要を解説します。

管轄はハローワーク
雇用保険の申請の手続きに関して管轄はハローワークです。ヤングハローワークや、マザーズハローワークなどの簡易的な機能のみの施設ではなく、お住まいの地域の要となっているハローワークにて手続きをしなければなりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.