くらし情報『【金融の専門家が解説】Jリート(J-REIT)とは?投資初心者が知っておきたい基礎知識』

2019年12月6日 20:00

【金融の専門家が解説】Jリート(J-REIT)とは?投資初心者が知っておきたい基礎知識

目次

・J-REIT(不動産投資信託)の読み方と意味
・J-REITのリスク
・J-REIT市場の現状
・Jリート(J-REIT)に関するまとめ
【金融の専門家が解説】Jリート(J-REIT)とは?投資初心者が知っておきたい基礎知識


https://manetasu.jp

J-REITは10万円程度と少額から投資でき、東京証券取引所(東証)に上場しているのでリアルタイムで取引できるという特徴があります。この記事では、投資初心者が押さえておきたいJ-REITの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

J-REIT(不動産投資信託)の読み方と意味

J-REIT(不動産投資信託)の読み方と意味


不動産証券化協会

J-REITは収益の90%以上を分配金として支払うことで法人税が免除されるため、利益のほとんどを分配金として支払う銘柄が多いためです。

また、J-REITは原則として不動産の開発は行わずに賃貸事業に特化しています。ですから、一般の不動産会社に比べて収益が安定しているのです。

J-REITのリスク

J-REITのリスク


不動産証券化協会

J-REITは単一用途に特化して投資する「単一用途特化型」と、2つの用途の不動産に投資する「複合型」、3つ以上の用途または用途を限定しない「総合型」に分けられます。

単一用途特化型は、オフィスビル、商業施設、住居、物流施設、ホテル、ヘルスケアそれぞれの用途に特化したJ-REITです。複合型は、オフィスビルと商業施設など2つの用途に投資、総合型はオフィスビルと住宅と物流施設など3つ以上の用途に投資します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.