くらし情報『奨学金は減額返還できる?対象条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説!』

2020年1月15日 14:00

奨学金は減額返還できる?対象条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説!

目次

・奨学金の返済は減額が可能
・減額申請に年収などの条件はある?
・減額申請の方法
・奨学金減額返還のメリット
・奨学金減額返還のデメリット
・減額返還では追いつかない場合の対処法
・奨学金の減額返還に関するまとめ
奨学金は減額返還できる?対象条件&手続き方法をFPがわかりやすく解説!


https://manetasu.jp

奨学金の返済が厳しいからと言って延滞をしてしまうと、督促が入ったり個人信用情報機関に事故記録が載ってしまいます。そのようなことになる前に減額申請を検討しましょう。この記事では減額の対象条件や手続き方法について解説します。

奨学金の返済は減額が可能

奨学金の返済は減額が可能


奨学金は多くの学生が利用しており、日本学生支援機構の利用は3人に1人以上の割合となっています。しかし、奨学金とは学生時代に大きな金額の借金をし、新卒の社会人から継続して返済すべきものですので、経済的にマイナススタートとなる側面があります。

低賃金である場合や非正規社員となった場合など、返済が厳しいというケースも多いようです。そのような時には奨学金の減額を検討しましょう。まずはその内容として以下について解説します。

  • 奨学金は3分の1に減額可能
  • 減額可能な期間
  • 返済総額は増えない
奨学金は3分の1に減額可能
奨学金の減額は、毎月の返済を2分の1または3分の1に減額できる制度です。奨学金を返したいのはやまやまだけれども、返してしまうと生活費がないというケースもあるでしょう。

たとえば、就職活動に失敗してしまうとアルバイト生活を余儀なくされる場合もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.