くらし情報『老後の貯蓄はいくら必要?安心して生活するための理想的な貯金をFPが解説!』

2020年1月25日 20:00

老後の貯蓄はいくら必要?安心して生活するための理想的な貯金をFPが解説!

目次

・老後必要な金額はいくらなのか?
・受給額を知る前にもっと重要な事
・平均受給額について解説します
・理想的な貯金額はいくら?
・老後資金対策のおすすめは何?
・老後の貯蓄に関するまとめ
老後の貯蓄はいくら必要?安心して生活するための理想的な貯金をFPが解説!


https://manetasu.jp

老後の不安は尽きませんが、今回のテーマは「いくらあったら大丈夫」という事で解説していきたいと思います。極論を言うと、お金が潤沢にあれば老後困る事も無いですし、対策する必要はありません。しかし、宝くじが当たるほどの金額を準備している方は少ないのも現実です。

老後の備えとしてどれくらいの貯蓄を目安にすればいいのか、また老後資金を確保するための方法も解説しますので、お付き合い下さい。

老後必要な金額はいくらなのか?

老後必要な金額はいくらなのか?


はじめに、老後に必要な金額について解説していきます。金額と言っても、昨年国が2,000万円は必要ですと回答した事が波紋を呼びましたね。本当に2,000万円あれば大丈夫なんでしょうか?もっと少ない金額だと貯める方も助かりますよね。早速必要な金額を算出していきましょう。

老後の平均的な生活費を解説します
まず老後の平均的な生活費から解説すると、総務省の調査では毎月236,000円が平均的な生活費であるという結果が出ています。この金額は65歳の男性、60歳の女性で共に仕事をしていない場合の必要生活費です。

あくまでも平均という言葉を使用していますので、元々所得の高い世帯は生活水準も高い為、平均値よりも高くなる事が予想されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.