くらし情報『【金融の専門家が解説】外貨預金のリスクとは?初心者が損しないために知っておきたい基礎知識』

2020年1月29日 20:00

【金融の専門家が解説】外貨預金のリスクとは?初心者が損しないために知っておきたい基礎知識

目次

・外貨預金の仕組み
・外貨預金にも普通預金と定期預金がある
・外貨預金のデメリット
・為替差損のリスクを低くする方法
・外貨預金のリスクに関するまとめ
【金融の専門家が解説】外貨預金のリスクとは?初心者が損しないために知っておきたい基礎知識


https://manetasu.jp

国内では低金利が続いているので、外貨での運用を考えている人も多いのではないでしょうか。外貨建ての金融商品の中で、初心者でもチャレンジしやすいのが外貨預金です。いつも利用している国内の銀行でも取り扱っていますし、あくまでも「預金」なので安心感があるからです。

ただし預金といっても、外貨預金には元本割れのリスクがあります。また、手数料や税金などの仕組みが、円預金と異なる部分もあるので注意が必要です。

今回は外貨預金のリスクと対処法について解説します。

外貨預金の仕組み

外貨預金の仕組み


外貨預金とは、「外国通貨建ての預金」のことです。日本円を日本の銀行に預けている人は多いと思いますが、外国の通貨を銀行に預けるのが「外貨預金」になります。

銀行によって扱っている通貨は異なりますが、以下のような様々な通貨の預金が取りそろえられています。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • スイスフラン
  • 英ポンド
  • ブラジルレアル
  • 南アフリカランド
預金と貯金の違い
預金とは、「金融機関にお金を預ける」ということです。ですから、外貨預金は「外貨で金融機関にお金を預ける」ことを意味します。

貯金も同じ意味ですが、一般的に郵便局(ゆうちょ銀行)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.