くらし情報『相続財産管理人とは?選任すべきパターン&申立の流れをFPが徹底解説!』

2020年1月31日 20:00

相続財産管理人とは?選任すべきパターン&申立の流れをFPが徹底解説!

目次

・相続財産管理人って誰?どんな制度?
・相続財産管理人選任申立方法は?
・相続財産管理人選任にかかる費用は?
・相続財産管理人に関するまとめ
相続財産管理人とは?選任すべきパターン&申立の流れをFPが徹底解説!


https://manetasu.jp

相続財産管理人は、相続する人がいない財産を管理します。あまり聞き慣れない言葉ですが、どんなときに関与することになり、どんな仕事をするのでしょうか?本記事では、相続財産管理人を置くべきパターンや就任までの大まかな流れを説明します。

相続財産管理人って誰?どんな制度?

相続財産管理人って誰?どんな制度?


相続があっても、相続財産管理人が必ず置かれるわけではありません。相続財産管理人が関与するのは、比較的特殊なケースです。

相続人がいない・全員放棄の財産を管理する
相続財産管理人が関与するのは、相続人が1人もいないか、相続人全員が相続放棄して財産を引き継ぐ人がいない場合で、必要性がある場合にのみ選任してもらえます。

死亡した人が土地や建物、預貯金などの財産を持っていないなら、相続手続き自体必要ないので選任も不要です。

誰がなる?
申立時には候補者を推薦できますが、候補者が選ばれるとは限りません。家庭裁判所の名簿に掲載されている弁護士などの専門家が選ばれるのが一般的です。

相続財産管理人を置くべきケース
相続財産管理人が必要な場合としては、次のようなパターンが考えられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.