くらし情報『がん保険の一時金(診断給付金)は必要?金額の目安&使い道をFPが解説』

2020年3月9日 14:00

がん保険の一時金(診断給付金)は必要?金額の目安&使い道をFPが解説

目次

・診断給付金の概要と必要性
・がん治療の平均的な費用と診断給付金の目安
・がんを取り巻く諸事情と診断給付金の使い道
・保障と掛金のバランスの見極めが、がん保険最大のポイント
・がん保険の一時金(診断給付金)についてのまとめ
がん保険の一時金(診断給付金)は必要?金額の目安&使い道をFPが解説


https://manetasu.jp

がん保険の一時金(診断給付金)はがんになったら受け取れる、用途が限定されないまとまった資金です。がん保険の中で一番重要な保障と言っても過言ではありません。

ただ、使い勝手がいい反面、掛金が高いので金額をいくらにするかなどは悩むところでもあります。今回は診断給付金などの一時金の必要性や有効性についてわかりやすく解説していきます。

診断給付金の概要と必要性

診断給付金の概要と必要性


がん保険の診断給付金とは、がんと診断されたときに支払われる一時金です。特定の治療目的の給付金と違い、自由に使えるため、入院や通院にかかる費用以外に使うことができます。また、がんのために収入が減った時に生活費の補填に使うこともできます。

生命保険の死亡保険金以外でこのような大きい金額のお金の給付は他にはありません。しかも、死亡保険金と違い、がんになった人が自分のために使えることも魅力です。

診断給付金のメリット

  • がんと診断されただけで、治療が始まる前にお金が受け取れる
  • 使途に縛りがなく、個人個人の事情に合わせて活用することができる
  • 死亡保険金と違い、非課税
がん治療の最近の傾向
「手術」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.