くらし情報『家族を連帯保証人にする条件とは?審査基準&自己破産した場合の対応方法もFPが解説』

2020年3月8日 14:00

家族を連帯保証人にする条件とは?審査基準&自己破産した場合の対応方法もFPが解説

目次

・家族を連帯保証人にする条件
・家族を連帯保証人にする場合の審査基準
・連帯保証人の支払い義務
・債務者が自己破産した場合の対処法
・家族を連帯保証人にする条件に関するまとめ
家族を連帯保証人にする条件とは?審査基準&自己破産した場合の対応方法もFPが解説


https://manetasu.jp

家族を連帯保証人にする場合、誰でもなれるというわけではありません。ちゃんと借金を返せる人しかなれないのです。この記事では、家族を連帯保証人にする条件を紹介した上で、審査基準や債務者が自己破産した場合の対応方法について解説します。

家族を連帯保証人にする条件

家族を連帯保証人にする条件


賃貸マンションやアパートの契約、多額のローン、未成年者や専業主婦の借金など、連帯保証人が必要なケースはさまざまです。連帯保証人は近しい人がなるケースが一般的であり、家族もその対象となります。

しかし、だからと言って誰でも連帯保証人になれるわけではありません。家族を連帯保証人にする一定の条件があります。まずは以下前提条件から紹介していきましょう。

  • 親や兄弟、子どもは連帯保証人になれる
  • 借入者の代わりに支払う責任を全うできるか
  • 連帯保証人になるためには信用力が必要
親や兄弟、子どもは連帯保証人になれる
原則として、家族は連帯保証人になれます。親が未成年の子どもの代わりに連帯保証人になったり、高齢の親の代わりに子どもが連帯保証人になるケースもあります。

また、兄弟間で連帯保証人になるなど、そのケースはさまざまです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.