くらし情報『カードローン利用で住宅ローンの審査が通らない?仕組み・関係性をFPが解説』

2020年3月30日 14:00

カードローン利用で住宅ローンの審査が通らない?仕組み・関係性をFPが解説

また、たくさんの借入先があると「お金の管理ができていないのでは」という印象を与えかねません。

少しでも好影響をと考えるのであれば、借金をまとめておくなどの措置を講じておくのもいいでしょう。

限度額いっぱいまで借金をしている
先ほどは複数の会社との契約の話でしたが、今度は1つの会社での借金額の幅についてになります。

借入をしますと通常は借入限度額の枠を設定します。もしもこの限度枠いっぱいまで借金をしていますと、これも審査落ちの要素になります。なぜかというと、「こんなに目いっぱいお金を借りているということは、お金に困っているのでは?」と思われてしまう可能性があるためです。

また、貸し倒れリスクが高いという評価にもつながりかねません。もしも返済比率が十分低いのであれば、限度額を上げておくのもいいかもしれません。

ローン返済の期日に遅れていることが多い
こちらは、これまでの返済の履歴についての話です。カードローンの返済が滞りがちであった場合、「住宅ローンも延滞するのでは?」と判断されて審査に落ちることがあります。

ただし、これは1度でも返すのが遅れたらアウト、といった厳格なものではありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.