くらし情報『幼稚園にかかる費用はどれくらい?内訳&平均相場を私立・公立別にFPが解説』

2020年4月22日 20:00

幼稚園にかかる費用はどれくらい?内訳&平均相場を私立・公立別にFPが解説

目次

・そもそも幼稚園と保育園の違いとは?
・公立・私立別の費用の平均金額相場一覧!
・幼稚園の利用料金については補助金制度がある!
・現在は「幼児教育・保育の無償化」が始まっている
・もっとも警戒すべき教育費は「大学費用」!
・もっとも警戒すべき大学費用は補助が弱い!
・学費に困った時に頼れるのは「行政と銀行」!
・親の破綻は子供の破綻に繋がる!
・費用が安い幼稚園の頃から貯金を始めよう!
幼稚園にかかる費用はどれくらい?内訳&平均相場を私立・公立別にFPが解説


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。子供を妊娠・出産直後は喜びでいっぱいなものですが、その後に待ち受けるのは、教育費の入り口である「幼稚園の費用」になります。

教育費は年々上がる性質のあるお金なので、入り口ほど割安ではありますが、やはり注意が必要です。ある程度の目安を知っておき、しっかり準備しておきましょう。

そこで今回は、幼稚園の費用や相場、そして関連する大切なことをお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

そもそも幼稚園と保育園の違いとは?

そもそも幼稚園と保育園の違いとは?


まずは費用の前に、幼稚園と保育園の違いについてお伝えします。幼稚園と保育園を混同している方も稀にいますが、この2つは大きめに違い、具体的な違いは以下の通りです。

幼稚園にかかる費用はどれくらい?内訳&平均相場を私立・公立別にFPが解説


やはり一番の違いは「預けられる時間」といえます。幼稚園は4時間程度なのに対し、保育園は8時間程度です。また目的の違いも意外と大きく、「自分の子供にはどのような教育をしたいか、させてあげたいか」という考え方でも預け先が変わってきます。

住んでいる地域の事情によっても様々ですが、少なくともどちらか選べるのであれば、しっかり夫婦で話し合って決めていきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.